fc2ブログ
2017.03.28 05:25|
 前回記事の続きを書かなければならないところですが、先にちょっとしたハプニング?の話を。

 半月ほど前に時々行くガーデニングショップ(同じ都内ですが、少し距離があるのでたまにしか足を運べません)に寄る機会があり、そこのハーブコーナーにマタタビと並んで猫が好きな植物、キャットニップが売られているのを見つけたんです。以前葉を乾燥させたものを使った猫グッズを買ったことはあったものの、加工品でない実物を見たのはそのときが初めてでした。

 グレーがかったミントのような葉は観賞用にも良さそうだし、猫たちの反応を見てみたい好奇心も手伝ってさっそく一ポット購入。他のハーブ数種類と一緒に寄せ植えにしました。しかしポットを入れてきたビニール袋にはスリスリしてかなりの興味を示した猫たちですが、葉っぱを数枚取って鼻先に出してもひと嗅ぎするくらいでえっこんなもの?という程度の反応。

 なのに二、三日後帰宅してベランダに出てみると、キャットニップを植えた大鉢の下にはちぎれてよれよれになった草の残骸が盛大に散乱し、肝心の株本体は半分くらいのボリュームに…。朝水をやったときには無傷だったんですが、どうやらその日は暖かく、ベランダに遊びに出た猫たちがじゃれつく&上でゴロゴロし尽くした結果そうなってしまったと思われます(あたり一面に猫の毛がついていたのですぐ分かりました)。

そんな事が何回か繰り返された結果がこれ↓買った時はこんもり茂った株だったのが… 

catnip.jpg

 元々猫たちのために買って来たものだし怒るつもりはありませんけど、とことん体をゴシゴシこすりつけないと気が済まないのはなぜなのか… ちぎれた葉と茎を集めて目の前に出してやっても相変わらず鈍い反応だし、こうしないと酔っ払えないという猫的基準でもあるんですかね。

 どういう訳かうちの猫どもには嗜好品についての妙なこだわりがあるらしく、マタタビは決まった銘柄の粉末加工品でないとダメで慣れない製品や生木には見向きもしない、猫草もよく花屋で売られているのは絶対食べたがらないなど振り回されっぱなしです。 しかも黒白はなぜかバラの新芽をかじるのが好きで、気がつくと広がってきたばかりの葉がごっそり無くなっている始末。猫が食べる草って葉がツンツンした種類に限られるのかと思ってましたが、そうでもないようです。キャットニップを買って唯一助かったのはバラの葉が狙われる頻度が減ったことという(笑)

 なおこれまででいちばん好評だった猫草はグラジオラスの球根が分球してできた「木子」←"きご"と読むらしい:でしたが(万に一つ球根に育たないかと思ってプランターに植えたのに)、それもほぼ食べつくされてしまったので、今年はまた猫草生産のためにグラジオラスを植えようなどと本末転倒なことを考えている私です。猫にとっては毒というユリ科の球根にだけは気を付けるようにしてますけど。

テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット

2017.03.18 23:27|怪奇幻想文学いろいろ
 ちょうど三十年前、国書刊行会からその名もアーカム・ハウス叢書という全七冊のシリーズが刊行されました。そもそもアーカム・ハウスというのは怪奇幻想文学に特化したアメリカの出版社の名前なわけですが、そこから出た作家別の作品集を収録作のチョイスや装丁等も含め、なるべく忠実に日本語化するという企画だったようです。
 
 日本版のラインナップは本家アーカム・ハウスの設立者の一人であるオーガスト・ダーレスに、ウィリアム・ホープ・ホジスン、クラーク・アシュトン・スミス、ブライアン・ラムレイ、カール・ジャコビ、デイヴィッド・ケラー、それに今回ご紹介するマンリー・ウェイド・ウェルマンという顔ぶれ。私がホジスンやスミスにはじめて出会ったのも大学や近所の図書館で借りたこの叢書シリーズででした。発売当時リアルタイムで買い揃えられていたら良かったんですけど、なにせ字が読めたかも怪しい頃でしたからね。

 他の六冊はそうやってだいぶ前に読み終えたのに、最後まで取ってあった…というか唯一手が伸びずにいたのがウェルマンの「悪魔なんかこわくない」でしたが、先日せっかくだから全巻制覇してしまおうと思い立ち、半ば義務的に借り出してきたらこれが予想外の面白さで、どうして今まで食わず嫌いしてたんだろうと後悔したぐらい。
 白状するとこれまで敬遠していたのは、だいぶ前ネットでこの本の表紙絵を目にしてその強烈さにちょっとばかり引いたせいだったような覚えがあります(汗) その頃はまだ怪奇幻想文学を読み漁るようになって日が浅く、こういう雰囲気のカバーデザインだと図書館のカウンターに持っていくのに変に気が引けていたりしたのでした(最近ではもはや開き直ってなんとも思わなくなりましたけど。)

 それに初めにも書いたとおり、このアーカム・ハウス叢書は七巻とも本家から発売された時のカバーに使われていたイラストをそのまま再現しているのです。ずっと気がつかないままで、今回の件でようやく知った事実でしたが、これより少し早く同じ国書刊行会が出したウィアード・テールズ全五巻といい、こういうこだわり様には頭が下がります。

↓左がアメリカ、右が日本版。赤のトーンが違うのは写り方の問題として、並べてみると日本語のフォントまでオリジナルに似た雰囲気を出そうとしているのがわかります。(画像は英版ウィキペディアとAmazonからお借りしました)

md9014470090.jpg   916I-MRTDjL_convert.jpg

 ただ他六冊のカバーはこれほど異彩を放つデザインではなく、比較的大人しめな印象なので何度も読んだものでもほとんど意識しないままでいたような。 控えめな表紙が物足りないというわけじゃありませんが。
 なおこの表紙絵を手がけたリー・ブラウン・コイ(Lee Brown Coye)について調べてみたところ、パルプ・マガジン全盛期のアメリカで活躍し、ラヴクラフトを初めとするクトゥルフ系ホラー物なども相当数描いているイラストレーターでした。さすがに全編このタッチの劇画化とかだったらどうかと思いますが、眺めているとだんだん味とユーモアが伝わってくるイラストでいつのまにかすっかり気に入ってしまいました。真ん中にいるのが主人公兼語り手の"シルバー・ジョン"(連作短編集なのです)なのはいいとして、その前の女の人とクリーチャー(?)が果たして作中に出てくるキャラなのかもいまだによく分からないんですけど(笑)

 この「悪魔なんかこわくない」はじめ、アーカム・ハウス叢書はどれも個人的には外れなしだったので(タイタス・クロウサーガあたりは微妙なラムレイも、ここの「黒の召喚者」はなかなか面白かった)いちばん復刊をお願いしたいシリーズのうちの一つです。ホジスンやC・A・スミスもこの中ではまあまあ邦訳に恵まれている作家かもしれませんが、「帰り舟シャムラーケン号」や「ヴルトゥーム」のような他では日本語版の読めない傑作も多く収録されていることですし。

 ちょっと前置きが長くなり過ぎたので、「悪魔なんかこわくない」のストーリーについてはまた次回の投稿こちらで書かせて頂きます。

テーマ:海外小説・翻訳本
ジャンル:小説・文学

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

eHolly

Author:eHolly
筆不精にも関わらずメモ帳代わりとして始めてしまったブログ。
小説や音楽の感想・紹介、時には猫や植物のことも。
ツイッター@SnowyHolly16

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR