fc2ブログ

ジャン・レイの海洋幻想譚 「〈マインツ詩篇〉号の航海」

2018.06.15 22:54|ホジスン
 本当に久しぶりに"ホジスン″のタグを付けての作品紹介をひとつ。
 といってもホジスン本人の作ではなく、ホラー&ダークファンタジー専門誌「ナイトランド・クォータリー」の前回号(vol.12)掲載の「〈マインツ詩篇〉号の航海」という短編で、作者はベルギー人でホジスンより十歳下のジャン・レイ(レー)。
 
 「不可知の領域―コズミック・ホラー―」という号の特集テーマにふさわしく、異次元の海域へと引き込まれてしまった一隻の帆船とその乗組員たちを襲う恐怖を描いた海洋奇譚です。
 この「呪われた異界への航海」というモチーフは、コールリッジの「老水夫行」やポーの「アーサー・ゴードン・ピム」のような古典を代表格に一つの類型となっている感がありますが、末尾の解説にもあるとおり、構成やストーリー展開は何よりホジスンの「幽霊海賊」を思わせます。
(面白いことに、作品のタイトルかつ舞台となる船「〈マインツ詩篇〉号」が建造されたのは1909年とされていますが、これはちょうど「幽霊海賊」が出版された年でもあるのは単なる偶然でしょうか? ちなみに、一説ではレイはホジスンと同様一時期船乗りとして海で過ごした経験ありだとか)


 (あらすじ) ※中盤までのネタバレを含むので、未読の方はご注意ください
 
 

 
 船乗りバリスターはリヴァプールの酒場で出会った見知らぬ男(作中では"教師″としか呼ばれません)から、彼が入手して間もない小型スクーナー船の船長として雇い入れられます。
 男の語るところでは、一年前亡くなった大叔父から遺贈された古書の中に十五世紀の稀覯本「マインツ詩篇」を見つけ、それを売却して船の購入と航海準備にあてたとのこと。そうした経緯を記念して「〈マインツ詩篇〉号」と名を改めた船で、あくまで「科学的な目的」のため、海の難所として恐れられているスコットランド北西岸のある湾を目指したいというのでした。

 先に集められていた他の乗組員五人を加えて船出した「〈マインツ詩篇〉号」は、かろうじて危険海域をかいくぐり目的の湾に錨を下ろします。停泊中姿を見せない"教師″をよそに、平穏なひと時を満喫する船員たち。
 その安寧を破ったのは、ある朝突如として内陸の崖から船に浴びせられた銃撃でした。ところが反撃するまでもなく、謎の狙撃手たちは一同の眼前で次々と不可解な転落死をとげていきます。そして直後に断崖を降りてきたのは、他ならぬ"教師″その人でした。

 
 再び外海をさして出航した「〈マインツ詩篇〉号」ですが、船員たちは船に忍び寄る異様な気配に気づき始めていました。一斉に皆を襲った吐き気、急に姿を消した水鳥たち、船倉から逃げ出して海に飛び込むネズミの群れ、不気味な色に染まる海面... ついに不安の声が噴出し、一同は"教師″を問い質そうとしますが、その姿は不可解にも船上から消え失せていたのです。

 そして乗組員の一人ジェルウィンに空を見るよう促されたバリスターは、さらなる恐ろしい事実を悟るのでした。見慣れた星座とは似ても似つかぬ幾何学模様の星々が空に広がるこの海は、すでに地球上のものではないということに...。他の船員たちと異なり教育のあるジェルウィンは、船は"教師″によって何らかの手段で異次元世界に転移させられてしまったのではと見解を述べます。

 二人は皆を動揺させないよう自分達の置かれた状況については伏せておくことにし、士気を上げようとその晩は全員で集まって陽気に過ごします。しかし謎の襲撃にあい、立てつづけに二名の仲間が犠牲に。慄然としつつ夜の海を眺めるバリスターですが、船べりから身を乗り出した時、そこに目にしたのは想像を絶する光景だったのです...


 
 以前書いた「幽霊海賊」のあらすじと読み比べると、ある点で非常によく似ているのがお分かりいただけるかと思います。
 
 もっともこちらの作品は短編でテンポ良く進むこともあり、ジェットコースター的と呼びたくなるような後半の急展開など、「幽霊海賊」のじわじわ包み込むように醸成されてゆく恐怖とはまた違った迫力。終始曖昧模糊とした「幽霊海賊」の怪異と比べると、読者の脳裡に鮮烈なイメージを浮かびあがらせずにはおかないスペクタクル感が強く出ています。とりわけバリスターが海中に見た異界の光景は(何だったのかは書かないでおきますが)、このシーン一瞬のためだけにでもフルCGで映像化してほしいと思ったほど怖ろしくも惹きつけられるものでした。
 また出番の割にはキャラが立っており親しみの湧く仲間たちの存在、それと対照的に得体の知れない"教師″の不気味さなども物語に味わいを添えており、海の感触とコズミックホラーの不可思議さとが絶妙にブレンドされた、まさしく「海洋幻想文学」と呼ぶのにふさわしい一編という感想です。
 
 なお「マインツ詩篇」(Mainz Psalter)なる稀覯本の存在は寡聞にして知りませんでしたが、調べたら作中の説明どおり、1457年にグーテンベルク聖書に続いて世界で二番目に印刷された活字本というれっきとした実在の古書だったのでした。この初版本で完全な形で現存しているのは世界でもわずか十点だけらしく、高値がつくのも納得というものです。
 しかしこの本にちなんだ船名、危険予知能力(実際これが侮れない)持ちの乗組員に「大きな悪意が潜んでいる」と怖がられるのはなぜなんでしょう。書物自体には別段禍々しい謂れがある訳ではないようですが...。
 
 幾つかはデジタル化されておりネット上でも見られます。 →英国王ジョージ三世が所有していたWindsor copyと呼ばれる版

 これ始め謎がほとんど謎のまま終わってしまうのには流石に消化不良感が否めませんでしたが、謎の異次元存在との接触を図った教師がそこに行く手段兼生贄として船と乗組員たちを用意したということなのか?(COC的思考…というかアルデバランやら頭と両腕の取れる人形やらが出てくるとどうしてもクトゥルフが脳裏をよぎってしまいます)
 まあ少し前読んだレイの別作品「夜の主」(ベルギー幻想短編集「幻想の坩堝」収録)などこれ以上に理解の追いつき難い作品でしたので、人の意識の深層よりは完全にその埒外にあるコズミック・ホラーの方がホラー・エンターテイメントとしては悩まず楽しめるものなのかもしれません(笑)

  ところで最近このブログと同じ名義でツイッターのアカウント作りました。SNSへのまめな投稿ができない性分ですから自分でもどうなることか未知数ですが、時折ブログに書ききれないちょっとした話題などつぶやければと考えてます。アカウント名はプロフィールに記載してありますので(アイコンはうちの黒白猫)、もし見かけることでもあればあーあのブログの人だと思い出してやって下さい。

関連記事

テーマ:海外小説・翻訳本
ジャンル:小説・文学

タグ:ウィリアム・ホープ・ホジスン

コメント

1週間、御天道様を拝めず。

もう雨ばかりで、マタンゴみたく身体に茸が生えそうです。JR運休で娘は通勤に苦労してます。大阪地震から姑さんが不安がるので遠出できず梅田の書店に御無沙汰。図書館でレイの「復讐」が収載された岩波少年文庫の「最初の舞踏会」を借りました。東京創元社の復刊フェアの内容が公開されましたがSFが少ないような。

Re: 1週間、御天道様を拝めず。

地震に豪雨にと災害続きでニュースを聞いているだけでも落ち着きませんね。こちらは暑さのせいか知人が相次いで体調を崩してしまい、それはそれで心配なんですが。

レイがジュブナイルものもそれなりに書いていたのは意外でした。同じ岩波の「怪盗クモ団」は子供の頃に図書館で目を通したような記憶があるんですが、どんな話だったかほとんど思い出せません。蔵書検索したら今でも読めるようなので今度借りてくるつもりです。
それにしても「最初の舞踏会」の表紙、子供のトラウマになりかねないのでは(笑)

いにしえの魔術

毎日の暑さに姑さんを拝み倒してエアコンを使ってもらっています。とにかくエアコンが嫌いで扇風機と自然の風が良いと言い張るのですが今年の夏は異常事態!夜になっても涼しくならず、朝からぎんぎんに暑いし自然の風はドライヤーの熱風。畑の胡瓜も紫蘇も黄色く干からびてしまいました。8月にアトリエサードからブラックウッドの「いにしえの魔術」、創元文庫から猫アンソロジーが出ますが、どっちも欲しい!南條先生の本は箱付きの美本で素敵です。

Re: いにしえの魔術

こっちも二、三日前までそよとも風が吹かない熱帯夜が続いてほんとに地獄でした。うちの猫たちもエアコンどころか扇風機の風まで嫌って、なぜか一番蒸し暑そうなベッドの下に潜りこんで寝ていたりするので気が気でありません。ここまで暑いといくら背筋の寒くなるような怖い話でも効き目がありませんね。

「いにしえの魔術」は私もちょうどツイッタ―で告知見ました。ついでにリンクのあった訳者の方のブログを覗いたら家で五匹の黒猫に囲まれるブラックウッドの写真が!やっぱり大の猫好きだったんでしょうか。表題作以外全部新訳というのも楽しみです。

台風一過でもサウナ

お盆の御供物が暑さで、あっという間に傷んでしまいました。梅雨並の湿度ですし。「いにしえの魔術」はまだゲット出来ず。表題作は色々なアンソロジーで既読なんですが、あのまま宿の娘さんといにしえの世界に行った方が幸せだったのでは?魔女の軟膏は色々な作品に出てきますが凄い効き目でレシピを知りたい!人体関連の材料は無理ですが。

Re: 台風一過でもサウナ

私も「いにしえの魔術」図書館での順番待ち中でまだ未読ですが、ナイトランドクォータリー次回号にもブラックウッドの短編が一つ入るそうでそちらも楽しみにしてます。タイトルがクォータリー収録の方は「エジプトの雀蜂」、叢書の方は「エジプトの奥底で」で微妙に紛らわしい(笑)ブラックウッドといえばカナダがゆかりの地という印象でしたが、エジプト舞台の作品も意外に多いんですね。
こちらも風ひとつない蒸し暑さと台風の大風が交互に来て疲労感倍増…いくら寝ても疲れと凝りが取れない気がするので魔女の軟膏にでも手を出したい気分です(笑)

ジェルウィンとフライヤー・タック

ルクンドオとナイトランドクォータリー12をゲットしました。諸星先生のインタビュー良かったです。まだまだ作品を描いて下さるみたいで。「マインツ詩篇号の航海」読み応えがありました。「教師」が最初に登場した時は文学かぶれの成金みたいだったのが、酒場のずぶぬれの男の怖れを経て、奇怪な人形にまで至ると異次元の地獄の使者に変貌しています。キャラ立ちした船員たちの中でもジェルウィン主従はスピンオフ小説を読みたいくらい魅力的。海洋版キングの「霧」みたいで、134ページの光景は凄い!秋冬の鉢植えや野菜を植えたいのですが、台風21号で家屋が破損し修理中なんです。畑も資材置き場になってしまって。住めるだけましですが、大阪南部の被害が甚大なために業者さんも引っ張りだこ。足下を見た阿漕な押し売りの電話も多く一番怖いのは生きた人間ということで。

Re: ジェルウィンとフライヤー・タック

お宅が被災されたとのこと、お見舞い申し上げます。ニュースで映像を見ましたが凄まじい風でしたものね。こちらではその次に来た台風にベランダの花壇直植えのバラが丸坊主にされてしまい凹んでますが、家屋が無事だっただけ幸運と言わざるを得ません。

「マインツ詩篇号の航海」は異世界に至る過程だけでなくキャラクターの背景も謎だらけなのが魅力の一つになってますよね。知ってもしょうがないかもしれませんが、ジェルウィンの過去に何があったかは私も気になります。

「栞と紙魚子」の続編をずっと待ち望んでいるせいか、この間エイクマンの「学友」を読み返していたら唐突に内容が諸星先生の絵柄で脳内再生されてしまいました(笑)でも作風的にわりと相性がいいのでは…というか、欧米の怪奇小説を原作にした作品も読んでみたい気がします。もちろん「マインツ詩篇号」のような海洋ものでも。
非公開コメント

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

eHolly

Author:eHolly
筆不精にも関わらずメモ帳代わりとして始めてしまったブログ。
小説や音楽の感想・紹介、時には猫や植物のことも。
ツイッター@SnowyHolly16

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
1256位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR